メニュー

NEWS 新着情報

2021.07.01 横浜市との国際フィーダー貨物の集荷促進のための協定を締結しました(令和3年7月1日)

 当協議会では、令和3年度のコンテナ貨物集貨促進事業として、八戸港を利用するコンテナ貨物に対し各種補助事業を行います。
 この度、国際コンテナ戦略港湾である横浜港の集貨策として、横浜港と八戸港間を就航する国際フィーダー航路の利用を促進するための集貨施策を実施するにあたり、横浜市と当協議会は国際フィーダー貨物の集貨促進のための協定を締結いたしました。

1.協定締結の目的
 横浜港と八戸港間を就航する国際フィーダーの利用を促進するためのインセンティブ施策を実施すにあたり、協定を締結します。

2.集貨施策事業内容(横浜港利用加算)
 当協議会が実施する「令和3年度新規・シフト貨物集貨促進事業」補助対象貨物のうち、八戸港と横浜港間を就航する国際フィーダー航路を利用したコンテナについて、1TEU当たり15,000円を加算します。

3.協定締結日
令和3年7月1日
※コロナ禍を踏まえ、双方押印書類を用意し郵送による締結

4.実施期間
令和3年7月1日~令和3年12月31日

集貨促進事業の詳細についてはこちら

トップへ戻る