令和2年度のコンテナ関連補助金は、令和2年8月3日(月)より受付を開始します。

目次

荷主様向け補助制度

八戸港コンテナ貨物利用促進事業費補助金
コンテナ増加補助事業(1〜50TEU増) コンテナ増5,000円/TEU(京浜港経由1,000円加算)
大口増加補助事業(51TEU以上増) コンテナ増10,000円/TEU(京浜港経由2,500円加算)
リーファー増加補助事業 リーファーコンテナ増2,500円/TEU
陸送費補助事業 八戸港発/着(条件あり)の陸送費の1/3
八戸港くん蒸上屋利用事業費補助金 一室一回につき50,000円
八戸港小口混載貨物輸送事業費補助金 R/Tあたり3,000円

サービス事業者様向け補助制度

八戸港小口混載貨物サービス事業支援助成金 1コンテナにつき50,000円

船会社様向け補助制度

八戸港コンテナ定期航路開設促進事業費補助金 航路開設に係る対象経費の1/2

申請書類様式一覧

申請書類様式一覧

荷主様向け補助制度

※令和元年度より補助金制度が新しくなりました。


【ご利用にあたって】
  • 令和2年度の申請の受付期間は、8月3日(月)から11月30日(月)までです。
  • 先着順での受付とし、予算上限額に達した時点で受付を終了いたします。
  • 補助金は、契約により商社が荷主となる場合も申請できます。また、海貨業者を通じての申請もできます。
  • 補助対象期間は当年1月1日から12月31日です。(対象期間内に八戸港コンテナ定期航路を利用して輸出入した又はする見込みの貨物)※一部の補助メニューは補助対象期間が異なりますのでご注意ください。

八戸港コンテナ貨物利用促進事業費補助金

申請受付期間:令和2年8月3日(月)から11月30日(月)まで ※予算がなくなり次第終了
補助対象期間:令和2年1月1日(水)から令和2年12月31日(木)

コンテナ増加補助事業(1〜50TEU増)
対象者 八戸港のコンテナ貨物取扱量を前年同期比で1〜50TEU増加させる荷主
ただし、前年に八戸港を利用したことがある荷主は取扱量が11TEU以上であること
補助対象 ①新規利用荷主は取扱量全量を対象として
②前年利用荷主は前年取扱量と10TEUの大きい値と本年取扱量を比較した増加量を対象として
補助金額 5,000円/TEU、京浜港を経由した場合は1,000円/TEUを加算
上限額 30万円/社
計算例 八戸港利用実績が前年30TEUで今年50TEUの場合
(50TEU-30TEU)×5,000円=10万円
要領 【要領】
大口増加補助事業(51TEU以上増)
対象者 今年のコンテナ取扱(見込)量を前年同期比で51TEU以上増加させる荷主
補助対象 前年取扱量と本年取扱量を比較した増加量を対象として
補助金額 10,000円/TEU、京浜港を経由した場合は2,500円/TEUを加算
上限額 250万円/社
計算例 八戸港利用実績が前年100TEUで今年300TEUの場合
(300TEU-100TEU)×10,000円=200万円
要領 【要領】
リーファー増加補助事業
対象者 今年のリーファー取扱(見込)量を前年同期比で1TEU以上増加させる荷主
補助対象 前年取扱量と本年取扱量を比較した増加量を対象として
補助金額 2,500円/TEU
上限額 25万円/社
計算例 八戸港リーファー取扱量実績が前年10TEU、今年12TEUの場合
(12TEU−10TEU)×2,500円=5,000円
要領 【要領】
陸送費補助事業
対象者 出荷(納品)場所と八戸港コンテナターミナルが直線距離で50km以上離れており、次のいずれかに該当する場合
①前年八戸港を利用していない荷主
②前年に八戸港を利用した場合はASEAN、台湾又は香港向けの県産農林水産物(加工品含む)を輸出する荷主
補助対象 トラック、トレーラー等の輸送料及び付帯する電源シャーシ利用料等(バンニング、倉庫保管料は除く)を対象として
補助金額 対象経費の1/3 ※ただし、1TEU当たり15,000円まで
上限額 40万円/社
計算例 10TEUの輸出に要した陸送経費が50万円(税抜)の場合
50万円×1/3=16万6千円(1,000円未満切捨て)だが、上限が15,000円/TEUのため
10TEU×15,000円=15万円
要領 【要領】

【申請書類】

申請時
申請書 【申請書】 ※陸送費補助事業は税抜額で申請すること
計画書 【コンテナ増加補助事業計画(実績)書】
【大口増加補助事業計画(実績)書】
【リーファー増加補助事業計画(実績)書】
【陸送費補助事業計画(実績)書】

※Excel版【NEW!!】
色つき部分のセルには計算式が入っておりますので、入力しないでください。
実績報告内訳
明細書
【実績報告内訳詳細書】 ※陸送費補助事業は不要
添付書類 昨年及び令和2年1月から6月までのB/L等の写し(※昨年度提出済みの場合は提出不要)
※陸送費補助事業は、以下の2点を追加
①見積書・領収書等の写し
②出荷(納品)の場所を確認できる書類及び位置図
必要に応じて 【補助金申請者に係る確認書】※申請者が船荷証券に記載のない最終荷主等の場合
【貸物照会承諾書】※B/L等の写しを添付できない場合
計画変更時
時期 ①補助金の額の増加が見込まれるとき
②計画取扱量に30%超の増減があるとき
③事業を中止・廃止するとき
申請書 【事業変更(中止・廃止)申請書】
計画書 【コンテナ増加補助事業計画(実績)書】
【大口増加補助事業計画(実績)書】
【リーファー増加補助事業計画(実績)書】
【陸送費補助事業計画(実績)書】

※Excel版【NEW!!】
色つき部分のセルには計算式が入っておりますので、入力しないでください。
事業完了時
時期 事業完了日から30日経過した日又は令和2年1月20日のいずれか早い期日以内
報告書等 【事業完了(廃止)実績報告書兼補助金請求書】
実績書 【コンテナ増加補助事業計画(実績)書】
【大口増加補助事業計画(実績)書】
【リーファー増加補助事業計画(実績)書】
【陸送費補助事業計画(実績)書】

※Excel版【NEW!!】
色つき部分のセルには計算式が入っておりますので、入力しないでください。
実績報告内訳
明細書
【実績報告内訳明細書】 ※陸送費補助事業は不要
添付書類 7月から12月までのB/L等の写し
※陸送費補助事業は、以下の2点を追加
仝積書・領収書等の写し
⊇于(納品)の場所を確認できる書類及び位置図
必要に応じて 【補助金申請者に係る確認書】 ※1
【消費税額の確定報告書】 ※2
※1 申請者が船荷証券に記載のない最終荷主等の場合
※2 陸送費事業申請時に税込額で申請した場合に提出が必要となり、一部交付金額を返還していただきます。

八戸港くん蒸上屋利用事業費補助金

申請受付期間:令和2年8月3日(月)から11月30日(月)まで ※予算がなくなり次第終了
補助対象期間:令和2年1月1日(水)から令和2年12月31日(木)

八戸港くん蒸上屋利用事業
対象者 八戸港くん蒸上屋を使用する荷主
補助対象 くん蒸上屋利用1室1回当たり
補助金額 50,000円/回
上限額 設定なし
計算例 くん蒸上屋を3回利用した場合
50,000円×3回=15万円
要領 【要領】

【申請書類】

申請時
申請書 【申請書】
計画書 【事業計画(実績)書】
添付書類 ①令和2年1月から6月までのB/L等の写し
②くん蒸上屋使用許可書の写し
③くん蒸上屋実施記録表の写し
※上記1〜3は1月から6月までに使用実績があった場合のみ
必要に応じて 【貨物照会承諾書】※B/L等の写しを添付できない場合
計画変更時
時期 ①補助金の額の増加が見込まれるとき
②事業を中止・廃止するとき
申請書 【事業変更(中止・廃止)申請書】
計画書 【事業計画(実績)書】
事業完了時
時期 事業完了日から30日経過した日又は令和3年1月20日のいずれか早い期日以内
報告書等 【事業完了(廃止)実績報告書兼補助金請求書】
実績書 【事業計画(実績)書】
添付書類 ①令和2年7月から12月までのB/L等の写し
②くん蒸上屋使用許可書の写し
③くん蒸上屋実施記録表の写し

八戸港小口混載貨物輸送事業費補助金

申請受付期間:令和2年8月3日(月)から11月30日(月)まで ※予算がなくなり次第終了
補助対象期間:令和2年1月1日(水)から令和2年12月31日(木)

八戸港小口混載貨物輸送事業
対象者 小口混載貨物サービスを利用した荷主
補助対象 貨物のR/T(重量(t)又は体積(m3)のいずれか大きい方)当たり
補助金額 3,000円/R/T
上限額 設定なし
計算例 3t 5.5m3の貨物を3回輸出した場合
5.5×3,000円×3回=49,000円(※1,000円未満切捨て)
要領 【要領】

【申請書類】

申請時
申請書 【申請書】
計画書 【事業計画(実績)書】
添付書類 令和2年1月から6月までのB/L等の写し
※1月から6月までに使用実績があった場合のみ
必要に応じて 【貨物照会承諾書】 ※B/L等の写しを添付できない場合
計画変更時
時期 ①補助金の額の増加が見込まれるとき
②事業を中止・廃止するとき
申請書 【事業変更(中止・廃止)申請書】
計画書 【事業計画(実績)書】
事業完了時
時期 事業完了日から30日経過した日又は令和3年1月20日のいずれか早い期日以内
報告書等 【事業完了(廃止)実績報告書兼補助金請求書】
実績書 【事業計画(実績)書】
添付書類 令和2年7月から12月までのB/L等の写し

八戸港で小口混載貨物取扱い中!!

このような事業者様にオススメです。
  • 他港経由で輸出入しているので、輸送費用を削減したい。
  • 航空便を利用すると費用が高いので、他の輸送手段を探している。
  • これまでフルコンテナを利用していたが、貨物の「形状」「重量」に合わせて最適な物流手段を採用したい。
  • 万が一、通関や検疫でトラブルが発生した場合、利用港と自社が遠く離れているため心配。
  • サンプル品を海外へ輸送したい、または海外から取り寄せたい。


【小口混載貨物サービスの概要】
○中国及び韓国航路を利用
○ドライコンテナ使用(20フィートもしくは40フィート)
○所要日数の目安
 《輸出》八戸港〜韓国釜山港:最短2日
      ⇒釜山港から接続サービスを利用して、世界各地へ輸送可能。
 ※輸入サービスはイーキューワールドワイド株式会社のみ取り扱っております。
※コンテナ船の運航状況により、日数が変わる場合があります。
【小口混載貨物サービスのお申込み・料金等のお問合せ先】
輸出 ジャパン・バン・ラインズ株式会社(東京都)
【集荷代理店】
八戸港湾運送株式会社 コンテナ営業課
TEL : 03-6779-9610

TEL : 0178-29-3177
輸出入 イーキューワールドワイド株式会社(東京都)
【集荷代理店】
八戸通運送株式会社 海運部 海運営業所
TEL : 03-5643-3600

TEL : 0178-29-0202


サービス事業者様向け補助制度

八戸港小口混載貨物サービス事業支援助成金

申請受付期間:令和2年8月3日(月)から11月30日(月)まで ※予算がなくなり次第終了
助成対象期間:令和2年1月1日(水)から令和2年12月31日(木)

八戸港小口混載貨物サービス事業
対象者 小口混載貨物サービスの提供を行う事業者
助成対象 貨物輸送1コンテナ当たり
助成金額 50,000円/コンテナ
上限額 設定なし
要領 【要領】

【申請書類】

申請時
申請書 【申請書】
計画書 【事業計画(実績)書】
添付書類 ①令和2年1月から令和2年6月までのB/L等の写し
②登記事項 証明書
③要領第2条第2号に関する登録通知書の写し
必要に応じて 【貨物照会承諾書】※B/L等の写しを添付できない場合
計画変更時
時期 ①補助金の額の増加が見込まれるとき
②計画取扱量に30%以上の減少があるとき
③事業を中止・廃止するとき
申請書 【事業変更(中止・廃止)申請書】
計画書 【事業計画(実績)書】
事業完了時
時期 事業完了日から30日経過した日又は令和3年1月20日のいずれか早い期日以内
報告書等 【事業完了(廃止)実績報告書兼補助金請求書】
実績書 【事業計画(実績)書】
添付書類 令和2年7月から12月までのB/L等の写し


船会社様向け補助制度

八戸港コンテナ定期航路開設促進事業費補助金

申請受付期間:令和2年8月3日(月)から随時受付 ※予算がなくなり次第終了
補助対象期間:令和2年4月1日(月)から令和3年2月28日(日)

八戸港コンテナ定期航路開設促進事業
対象者 新規に対象航路を開設する船会社
補助対象航路 東南アジア航路 国際フィーダー航路
ASEAN、香港又は台湾のいずれかの港湾を起点、寄港地又は終点とする航路に限る 八戸港と京浜3港のいずれかを起点又は終点とし、八戸港からASEAN、香港又は台湾のいずれかの港湾までのリードタイムを短縮させる航路に限る
航路上限数 1航路 1航路
八戸港寄港頻度 月1回以上 週1回以上
補助金額 対象経費の1/2 対象経費の1/2
上限額 1,200万円 600万円
対象経費 航路開設の日から令和3年2月28日までの期間に要した船舶燃料費
要領 【要領】

【申請書類】

申請時
申請書 【申請書】
計画書 【事業計画(実績)書】
収支予算書 【収支予算(精算)書】
添付書類 新規航路の開設を確認できる書類
計画変更時
時期 ①事業の内容の変更をするとき
②事業を中止・廃止するとき
③事業が予定の期間内に完了しない場合又は遂行が困難となった場合
申請書 【事業変更(中止・廃止)承認申請書】
計画書 【事業計画(実績)書】
請求時
時期 令和3年2月28日まで
請求書 【概算払請求書】
事業完了時
時期 事業完了日から30日経過した日又は令和3年3月10日のいずれか早い期日以内
報告書等 【事業完了(廃止)実績報告書兼補助金請求書】
実績書 【事業計画(実績)書】
収支精算書 【収支予算(精算)書】
添付書類 ①八戸港への入出港を確認できる書類
②寄港に要した経費を確認できる書類


申請書類様式一覧


要領 ・八戸港コンテナ貨物利用促進事業
(コンテナ増加補助事業・大口増加補助事業・リーファー増加補助事業・陸送費補助事業共通)
・八戸港くん蒸上屋利用事業
・八戸港小口混載貨物輸送事業
・八戸港小口混載貨物サービス事業
・八戸港コンテナ定期航路開設促進事業

申請書 ・八戸港コンテナ貨物利用促進事業
(コンテナ増加補助事業・大口増加補助事業・リーファー増加補助事業・陸送費補助事業共通)
・八戸港くん蒸上屋利用事業
・八戸港小口混載貨物輸送事業
・八戸港小口混載貨物サービス事業
・八戸港コンテナ定期航路開設促進事業

事業計画(実績)書 ・コンテナ増加補助事業(1〜50TEU増)
・大口増加補助事業(51TEU以上増)
・リーファー増加補助事業
・陸送費補助事業
・八戸港くん蒸上屋利用事業
・八戸港小口混載貨物輸送事業
・八戸港小口混載貨物サービス事業
・八戸港コンテナ定期航路開設促進事業

実績報告内訳
明細書
・八戸港コンテナ貨物利用促進事業
(コンテナ増加補助事業・大口増加補助事業・リーファー増加補助事業共通)

補助金申請者に係る
確認書
申請者が船荷証券に記載のない最終荷主等の場合
・八戸港コンテナ貨物利用促進事業
(コンテナ増加補助事業・大口増加補助事業・リーファー増加補助事業・陸送費補助事業共通)

収支予算(精算)書 ・八戸港コンテナ定期航路開設促進事業

貸物照会承諾書
B/L等の写しを添付
できない場合
・八戸港コンテナ貨物利用促進事業
(コンテナ増加補助事業・大口増加補助事業・リーファー増加補助事業・陸送費補助事業共通)
・八戸港くん蒸上屋利用事業
・八戸港小口混載貨物輸送事業
・八戸港小口混載貨物サービス事業

事業変更(中止・廃止)
申請書
・八戸港コンテナ貨物利用促進事業
(コンテナ増加補助事業・大口増加補助事業・リーファー増加補助事業・陸送費補助事業共通)
・八戸港くん蒸上屋利用事業
・八戸港小口混載貨物輸送事業
・八戸港小口混載貨物サービス事業
・八戸港コンテナ定期航路開設促進事業

概算払請求書 ・八戸港コンテナ定期航路開設促進事業

事業完了(廃止)実績報告書兼補助金請求書等 ・八戸港コンテナ貨物利用促進事業
(コンテナ増加補助事業・大口増加補助事業・リーファー増加補助事業・陸送費補助事業共通)
・八戸港くん蒸上屋利用事業
・八戸港小口混載貨物輸送事業
・八戸港小口混載貨物サービス事業
・八戸港コンテナ定期航路開設促進事業

消費税額の確定報告書 ・陸送費補助事業

その他 ・よくある質問
・申請書及び事業計画(実績)書の記入例(八戸港コンテナ貨物利用促進事業)
・複数のメニューを同時に申請する際の計算例
・チラシ