メニュー

SUBSIDY SYSTEM 補助金制度

HACHINOHE CONTAINER REGULAR ROUTE SUPPORT 八戸港コンテナ定期航路運航支援事業費補助金

令和3年度より補助金制度が新しくなりました。

【ご利用に当たって】

補助対象期間(航路開設又はトライアル運航開始の日~令和4年2月28日まで)内に、八戸港において、コンテナ定期航路を開設またはトライアル運航を実施する船会社に対し、1航路あたり年間最大5寄港までの経費を一部補助いたします。(2年間まで)

申請受付期間

航路開設又はトライアル運航開始の日~令和4年2月28日(月)まで
※事前申請方式。予算の範囲内で先着順に実績に応じて交付。

対象者

新規に対象航路を開設またはトライアル運航を実施する船会社

補助対象航路

・外航航路開設
八戸港と国外のいずれかの港湾を起点、寄港地又は終点とする航路を開設した者

・国際フィーダー航路開設
八戸港と東京港、横浜港又は川崎港のいずれかを起点又は終点とする航路を開設した者

・トライアル運航
上記外航航路又は国際フィーダー航路において、運航条件や期間等を限定して試験的に運航した者

補助対象

1航路1寄港につき

補助金額

・外航航路:500,000円/1寄港
・国際フィーダー航路:100,000円/1寄港
・トライアル運航:上記と同じ

上限額

・外航航路:250万円/5寄港
・国際フィーダー航路:50万円/5寄港
・トライアル運航:上記と併用

※2年間で最大10寄港(ただし、トライアル運航は5寄港)まで補助対象となります。
※対象期間中に、トライアル運航から航路開設に至った場合、寄港数は合算して計算します。

要領

必要書類

  • CASE 1 申請時

    01

    交付申請書

    02

    事業計画書

    03

    収支予算書

    添付書類
    ・新規航路の開設を確認できる書類

  • CASE 2 計画変更時

    変更申請が必要な場合

    ・補助事業の内容を変更したい時
    ・事業を中止・廃止する時

    01

    変更(中止・廃止)申請書

    02

    事業計画書

    03

    収支予算書

    04

    添付書類
    ・新規航路の開設を確認できる書類(必要に応じて)

  • CASE 3 請求時

    請求時期

    令和4年2月28日まで

    01

    補助金概算払請求書

  • CASE 4 事業完了時

    実績報告時期

    事業完了日から30日経過した日又は令和4年3月10日のいずれか早い期間以内

    01

    事業完了(廃止)実績報告書兼補助金請求書

    02

    事業実績書

    03

    収支精算書

    04

    添付書類   
    ・八戸港への入港を確認できる書類

トップへ戻る